格安SIM モバイルルーター運用

格安SIMでモバイルルーターを運用する

格安SIMはスマホで使うものと思われがちですが、モバイルルーターで運用することも可能です。MVNOでは格安SIMとスマホ、タブレットとのセットの他に、モバイルルーターとのセット販売をしているところもあります。格安SIMとモバイルルーターをセットで購入することで、ルーターに格安SIMを挿して使うことができます。

 

では、格安SIMでモバイルルーターを運用するとどんなメリットがあるのでしょうか?

 

モバイルルーターとは?

モバイルルーターとは、「モバイル回線」と「無線LAN」の両方の通信機能を持ち、2つのネットワーク中継ができる小型装置のことです。ルーターにあるスロットにSIMカードを挿して利用することで、LTEや3Gなどのモバイル回線の利用が可能となります。

 

モバイルルーターを使うと、無線LANにしか対応していないノートパソコンやスマホ、タブレットやネット通信対応のゲーム機でもインターネットに接続できるようになります。いわば持ち運び可能な無線LANのアクセスポイントというわけです。携帯することで外出先でもネットに接続できるのでとても便利です。

 

格安SIMでモバイルルーターを運用するメリット

モバイルルーターを利用するメリットは、大きく分けて2つあります。1つはバッテリーが長時間持続するということ、もう1つはネット接続が安定しているということです。

 

他の端末を外出先でネットに接続したいなら、スマホのテザリング機能を利用すればいいのではと思う人もいるでしょうが、スマホのテザリング機能を利用した場合は、バッテリーの消費が急速に高まるという落とし穴があります。

 

また、スマホが常にデータ通信をしている状態のため端末自体が発熱してしまい、パフォーマンスが低下してしまうという問題もあります。その他、テザリング中に着信があった場合に契約中の回線によってはデータ通信が切断されることもあります。

 

テザリング機能は便利な機能ですが、日常的に利用するには少々リスクがあるのです。一方、モバイルルーターは専用機のためバッテリーの持ちも長く、パフォーマンスが低下するといった問題もありません。さらに複数端末を接続することもできるので、手持ちのスマホもルーターに接続することで効率よく契約しているデータ容量を節約できます。

 

デュアルSIMスロットなら複数のSIMカードを使用可能

モバイルルーターの中には「デュアルSIMスロット」を搭載している機種もあります。デュアルSIMスロットとは、SIMカードを入れるためのスロットが2つ付いているもののことで、2枚のSIMカードを挿して使えるようになっています。

 

2枚のSIMカードを使い分けることができるので、複数のMVNOのSIMカードを挿して使ったり、違うプランのSIMカードを複数挿して切り替えて使うこともできます。端末が対応していればドコモ回線+au回線といった組み合わせで使うことも可能です。

 

SIMカードを複数運用したい場合、1つのSIMカードに対して1台ずつ端末を持つことは大変です。また、いちいち入れ替えて設定をし直すのも面倒ですよね。そんな時デュアルSIMスロットなら1台に2枚のSIMカードを挿入して切り替えて使えるのでとても便利なのです。

 

デュアルSIMスロット搭載のモバイルルーターは「Aterm MR04LN」という機種で、mineoでも取り扱っています。SIMカードのサイズはmicroSIMです。ドコモプランでのセット端末ですが、LTEではドコモ、auどちらの回線も利用可能なので、サービスエリアや電波の強さに応じてキャリアを変更して使うこともできます。
デュアルSIMスロット搭載モバイルルーター

 

端末の詳細はmineo公式サイトでチェックしてみてください。

 

また、モバイルルーターを白ロムで安く購入することも可能です。白ロムは赤ロム永久保証のある信頼できるショップで購入してください。おすすめは「ダイワンテレコム」という通販サイトです。品ぞろえも豊富なので、お気に入りの端末が見つけられると思いますよ。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました