au系格安SIM mineo

au系格安SIM「mineo」について

au系の格安SIMは「UQ mobile」と「mineo」の2社があります。こちらのページではmineoについて紹介していきます。

 

mineoとは?

 

mineo(マイネオ)とは、ケイ・オプティコムが提供する高速LTE・音声通話・スマートフォンをセットにした低価格サービスのことです。関西圏に住んでいない人にはあまりなじみのない会社かもしれませんが、ケイ・オプティコムはもともと光回線でサービスを行っている関西の通信事業者です。

 

関西電力の持つ通信会社という位置づけで、auとは「auスマートバリュー」で連携もしています。このケイ・オプティコムがモバイルに打って出るためのサービスがmineoです。全国区のサービスのため、関西以外のユーザーも契約をすることができます。

 

mineoは「my」「mine」「neo」を組み合わせた造語です。MVNOとしては国内で初めてauの4GLTE回線の利用を始めました。

 

mineoでは「シングルタイプ」「デュアルタイプ」の2種類のプランがあります。

 

シングルタイプ

シングルタイプはデータ通信のみのプランです。データ容量は500MB、1GB、3GB、5GB、10GBから選ぶことができます。価格は以下のようになっています。

データ容量

(データ通信のみ)

月額基本料金

500MB

700円/月

1GB

800円/月

3GB

900円/月

5GB

1,580円/月

10GB

2,520円/月

 

デュアルタイプ

デュアルタイプはデータ通信に090音声通話が付いたプランです。データ容量は500MB、1GB、3GB、5GB、10GBから選ぶことができます。価格は以下のようになっています。

データ容量

(データ通信のみ)

月額基本料金

500MB

1,310円/月

1GB

1,410円/月

3GB

1,510円/月

5GB

2,190円/月

10GB

3,130円/月

 

1GBのプランの場合は初月のみ1GB追加で合計2GBになります。月末に利用を開始した場合は、追加が翌月になることもあります。デュアルタイプで090音声通話を利用した場合は音声通話料金は別途加算されます。国内通話料は20円/30秒。海外通話も可能ですが、連絡先によって通話料は異なります。

 

月額基本料金は翌月請求、デュアルタイプの090音声通話料およびSMS送信料は翌々月請求になります。また基本データ容量の日割り計算は行われないので、開始日に関わらず利用開始月も基本データ容量分が利用できます。

セット端末について

シンプルタイプ、デュアルタイプにスマホの端末本体、もしくはモバイルルーターをセットで申し込むことも可能です。スマホは月額1,350円〜、モバイルルーターは月額650円〜で24回払いです。

 

スマホの機種は4種類、料金は以下のようになっています。

端末種別

機種名

月額(24か月分)

端末代金総額

スマートフォン

LUCE KCP01K

1,100円

26,400円

arrows M02

1,350円

32,400円

DIGNO M KYL22

1.600円

38,400円

AQUOS SHL25

2,100円

50,400円

モバイルルーター

SI-LA SILA01

650円

15,600円

Aterm MR03LE

1,000円

24,000円

 

arrowsはVoLTE対応端末となっています。端末によってはお得なキャンペーンを行っている場合もあるので、気になる場合はmineo公式サイトをチェックしてみるといいでしょう。

 

セットの端末はスマホが4種類とモバイルルーター2種類のみですが、気に入った端末がなければ対応端末を別で用意すれば使うことができます。対応端末については、mineo公式サイトの動作端末確認一覧をチェックしてみてください。

 

端末は中古で白ロムを買えばかなり安く手に入れることができます。白ロムとは何かは「白ロムとは?」という記事を参照してみてください。

 

今使っているauのスマホが対応しているようであれば、そのままSIMカードだけ購入すれば差し替えて使うこともできます。

マルチキャリアMVNO

mineoはこれまでau回線のみの提供でしたが、2015年9月1日からマルチキャリアMVNOというサービスが開始され、ドコモプランの提供がスタートします!これによってau回線ドコモ回線の2つから選択できるようになるのです。

 

また今までのauプランの料金改定も行われ、さらに安くなります。データ通信のみのプランはドコモプランと同じ料金ですが、音声通話付きプランはauプランの方がお得です。

 

キャリア別料金プラン比較

データ通信のみのプラン

データ容量

auプラン

ドコモプラン

500MB

700円/月

700円/月

1GB

800円/月

800円/月

3GB

900円/月

900円/月

5GB

1,580円/月

1,580円/月

10GB

2,520円/月

2,520円/月

 

音声通話対応プラン

データ容量

auプラン

ドコモプラン

500MB

1,310円/月

1,400円/月

1GB

1,410円/月

1,500円/月

3GB

1,510円/月

1,600円/月

5GB

2,190円/月

2,280円/月

10GB

3,130円/月

3,220円/月

 

ドコモプランのセット端末

mineoのセットプランでは下記のセット端末を選ぶことができます。

端末種別

機種名

月額(24か月分)

端末代金総額

スマートフォン

arrows M02

1,350円

32,400円

モバイルルーター

Aterm MR04LN

1,050円

25,200円

 

現在ドコモプランのセット端末は「arrows M02」とモバイルルーターのみとなっています。なお、arrowsはXi対応端末です。

 

もちろんSIMフリー端末も対応しているものも多くあるので、使える端末が最も多いMVNOということになります。

 

また、海外渡航者向けの海外用プリペイドSIM訪日外交人向けのSIMの提供も開始することを発表しています。様々なニーズに対応することで他社との差別化を図るmineo。この先も便利でお得なサービスが期待できそうですね。

mineoなら最新のiPhoneが使える!

少し前までau回線の格安SIMではiPhoneやiPadは使えないと言われていましたが、mineoなら一部の機種を除いて最新のiOS9でも問題なく使えるということが分かりました!

 

iOS9で動作しないのは、au版のiPhone5s、iPhone5cの2種類。なお、ドコモ版のiPhone5s、iPhone5cはドコモプランで使用すれば動作するとのことです。

 

つまり一部の機種を除いてほとんどのiPhoneが使えるということですね。これまでauのiPhoneを格安SIMで使いたくても使えなくて諦めていた人には嬉しいですね!ただしau版のiPhone、iPadではテザリングが利用できない場合が多いので、その点は注意した方が良いでしょう。

 

mineoでiPhoneを使うには、構成プロファイルをインストールする必要があります。構成プロファイルはmineoの公式サイトからダウンロードすることができます。iPhoneのsafariでmineo公式サイトにアクセスし、ダウンロードしましょう。

 

iPhone 6s Plus/6s/6 Plus/6にて、音声通話、SMSを使用する場合は、「設定」→「モバイルデータ通信」→「4GをONにする」→「データ通信のみ」を選択します。

 

詳しくはmineoの公式サイトをチェックしてみましょう。

mineoのメリット・デメリット

mineoのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

mineoのメリット

プランが充実している

mineoでは500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5つのプランと、それぞれのプランに音声通話が付いたプランから選ぶことができます。選択肢の幅が広く自分の使い方に合わせてプランを選べるので、無駄なく使いたい人におすすめです。

 

iPhoneに対応している

mineoではiPhone6/6Plus/6s/6s Plus、およびiOS9に対応しています。ただし、テザリングは利用できないのでテザリングを使いたい灯っている人は注意が必要です。

 

余った容量の繰り越しやパケットシェアができる

mineoはデータ容量が余った場合は翌月に繰り越すことができます。月によってデータをあまり使わなかったり、たくさん使ったりとバラつきがある人には向いているでしょう。また余ったデータ容量を分け合えるパケットシェアやパケットギフトというサービスもあります。

 

最低利用期間の縛りがない

mineoでは最低利用期間を設定していないので、解約精算金がかかりません。ただし、利用開始月の翌月から12か月以内にMNP転出する場合はMNP転出手数料2,420円がかかるので注意が必要です。

 

au端末とドコモ端末どちらも使える

mineoはマルチキャリア対応のMVNOなので、au回線のSIMとドコモ回線のSIMのどちらも使うことができます。au端末を持っている人はau回線、ドコモ端末を持っている人はドコモ回線を契約すればSIMを差し替えれば使えます。また契約後に回線を乗り換えることも可能です。

 

mineoのデメリット

容量無制限プランがない

mineoでは10GBまでのプランしか用意されていません。そのため1か月で10GB以上使ってしまった場合は速度制限がかかってしまいます。ですが、月に10GBあれば音楽や動画の視聴、ネットも十分使えるのでほとんどの人は問題ないでしょう。

 

iOS8には非対応

iOS7以前のOSやiOS9には対応していますが、iOS8には対応していません。

 

容量制限がかかってしまうというデメリットはありますが、無駄なく使いたい、とにかく安くスマホを使いたい人にはおすすめです。特にauのiPhoneを使いたい人にはうってつけのMVNOです。

 

↓プランをもっと詳しく見る↓


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました