格安SIM SIMフリー

SIMフリーとは?

キャリアが販売するSIMロックのかかった端末に対して、SIMの制限が施されていない端末のことをSIMフリー端末と言います。
SIMフリー端末はメーカー直販や大手家電量販店などで販売されており、海外メーカー製の安価なモデルが人気ですが、最近では国内メーカーからも中間価格帯の製品が続々登場しています。
携帯電話はSIMカードを差し込むことで使用可能になりますが、従来の国内携帯電話機ではキャリアごとに決まったSIMカードだけが利用できるSIMロックと言う機能が組み込まれていました。

 

SIMフリー携帯電話ではSIMカードを自由に差し替えることで、海外旅行の際に旅行先の国の携帯電話キャリアのSIMカードを購入して携帯電話やスマートフォンを利用することが可能になります。
最近では格安SIMが普及してきたことで、このSIMフリー端末で格安SIMを利用することで携帯使用料を節約する人も増えてきています。
なお、SIMフリー端末であっても契約する通信会社が使用している電波の周波数帯(Band)に対応している必要があり、一致するBand数が多いほどさまざまな通信会社と契約することができます。
SIMフリー端末で格安SIMを利用する場合は、利用しようとしているSIMフリー端末が対応しているかどうか確認しておきましょう。

SIMフリー端末はau回線のMVNOでは使えない?

SIMフリーと聞くと「キャリアを問わずに使える」と思われがちですが、実はSIMフリー=どのMVNOでも使えるというわけではないんです。

 

これには各キャリアごとに使っている通信方式と周波数帯の違いが関係しています。

 

通信方式の違い

携帯キャリア各社は、音声通話に3G通信を使用し、データ通信にLTEを使用しています。ドコモとソフトバンクは音声通話にW-CDMA方式を採用しており、この通信方式は世界でも多くの通信会社が採用しています。

 

これに対してauは、音声通話にCDMA2000という方式を採用しています。ドコモ、ソフトバンクとauでは音声通話での通信方式がまったく違うので、互換性がないということになります。

 

例えば、SIMロックを解除したドコモの端末にau回線のMVNOのSIMを挿しても、データ通信はできるけれど音声通話はできません。逆に、SIMロックを解除したauの端末にドコモ回線のMVNOのSIMを挿しても、同様にデータ通信はできても音声通話はできないということになります。

 

なお、これはあくまでその端末のLTEの周波数帯がドコモ、au両方のバンド帯をカバーしていることが前提の話です。端末を選ぶときに重要なもう一つの要素が周波数帯です。

 

周波数帯とは

スマホに限らず、携帯電話端末には全て機種ごとに対応している「周波数帯」があります。ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアはそれぞれ国から周波数帯を割り当てられていて、それぞれキャリアごとの周波数帯でのみ通信と通話ができるようになっています。

 

auの周波数帯

auの周波数帯は以下のようになっています。

 

LTE

  • Band1/2.1GHz帯
  • Band11/1.5GHz帯
  • Band18/800MHz帯
  • Band26/850MHz帯
  • Band28/700MHz帯
  • Band41/2.5GHz帯

 

auのLTEメインはBand1とBand18です。特にKDDIは800MHz帯のプラチナバンドであるBand18をメインに添えてきたことで、高速回線の安定度は高いです。

 

3G(CDMA2000)

  • 800MHz帯
  • 2.1GHz帯

 

auが採用しているCDMA2000はマイナーな通信方式のため、たとえ日本国内で販売されているSIMフリースマホであっても使えないことが多いのです。

 

VoLTEに対応していれば通話も可能ですが、まだまだ対応端末が少ないので、今のところはau回線用に作られたSIMフリー端末や、auで使っていた端末、auの中古端末で運用するのがメインになるでしょう。

 

周波数とは?

周波数とは、電波の波が1秒間に繰り返される回数で、単位は「Hz(ヘルツ)」で表されます。1秒間の波が1回なら「1Hz」、1000回なら「1kHz(1キロヘルツ)」、100万回なら「1MHz(1メガヘルツ)」、10億回なら「1GHz(1ギガヘルツ)」となります。

 

携帯電話の通話・通信には700MHz〜2.5GHzあたりの周波数が使われています。これが細かい周波数帯に分けられ、各キャリアは総務省から割り当てられた複数の周波数帯を用いてサービスを提供しています。

 

周波数帯は携帯電話業界では「バンド」とも呼ばれ、端末側にその周波数帯に接続できるアンテナが内蔵されていないと通信ができません。そのため周波数帯が合っていない端末にSIMを挿入して使おうとしても通信ができないのです。

 

実際には全く通信ができないわけではありませんが、一部にしか対応していないのでエリアによっては通信速度が遅くなったり、つながりにくいなどちゃんと通信できないという事態が起きてしまいます。

 

SIMフリー端末をau回線のMVNOで使う時に気を付けること

au回線の格安SIMをSIMフリー端末で使用するときは、SIMフリー端末がどの周波数帯に対応しているかスペック表で必ず確認してから購入するようにしましょう。周波数帯についてはスペック表の「周波数帯(バンド)」や「通信方式」という項目に記載されています。

 

周波数帯の項目を見ると「FDD-LTE:B1/B3/B5」などといった書き方がされていることがあります。「B1」とは「バンド1」という意味です。時々スペック表に周波数帯について記載されていない場合もあるので、その際は販売業者などに問い合わせてみるといいでしょう。

 

au回線のMVNOを利用する場合は800MHz帯、2GHz帯に対応していれば通信可能です。MVNOでセット販売されている端末であれば基本的に対応しているので、不安な場合はMVNOのサイトで取り扱われている端末をチェックしてみるといいでしょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました