格安SIM MNP

MNPとは?

MNPとはモバイル・ナンバー・ポータビリティの略で、携帯電話番号を変えることなく番号をそのままで携帯電話会社を乗り換えることを言います。
日本では2006年にMNPの制度がスタートしました。
電話番号が変わらなければ間違い電話も減り、番号が変わったことを友人や知人に通知する手間もかかりません。
それによって自由に携帯電話会社を選べるようになれば、携帯電話会社同士で競争し合い価格は安くなりサービスも良くなる、最終的には日本の技術力や競争力が高まるはずだと総務省が考え、MNP制度の導入を決めました。
実際に日本でもMNPが導入されたことで、携帯電話会社を乗り換える件数が増え、以前よりも競争が盛んになりました。

 

最近は音声通話に対応した格安SIMを提供するMVNOが増えているので、MNPを利用して長く使ってきた電話番号をそのまま格安SIMに持ち越すことができます。
MNPで電話番号を移行するには、「MNP予約番号」が必要となります。MNP予約番号は携帯電話会社の窓口に行くか、電話やWEBで申し込むことができます。MNPを使って他社に変更する旨を伝え、本人確認が済むとMNP予約番号を発行してもらえます。
MNP予約番号の有効期間は15日間と短いので、予約番号をもらったら早めに格安SIMを購入して手続きをしないといけません。なので、予約番号を取る前に乗り換え先の格安SIMを選んでおいた方が良いでしょう。

MNPの手続きの流れ

便利なMNP制度ですが、どうやって手続きをすればいいのでしょうか?
大まかな流れを紹介していきましょう。

 

1.MNP予約番号を受け取る

まずはauショップに直接行くか、電話でMNPの予約申し込みを行い、MNP予約番号を取得します。
ガラケーの場合はEZwebからネットで申し込むことができますが、スマホ、iPhoneの場合はネットでの申し込みはできません。
電話での申し込みが早くて簡単なのでおすすめです。窓口の受付時間は9時〜20時となっています。通話量は無料です。
電話口では携帯電話番号、氏名、暗証番号を聞かれ本人確認が行われます。
本人確認が終わると、10桁のMNP予約番号を電話口で伝えられますので必ずメモの準備をしておきましょう。

 

auショップの窓口へ行く場合は、本人確認ができる身分証明書の提示が求められますので、忘れずに持っていきましょう。
身分証明書は免許証やパスポートなどで大丈夫です。

 

MNPの転出には2,000円のMNP転出手数料がかかります。
また、契約更新月以外に手続きする場合は、違約金9,500円が発生します。
なお、MNPを転出するとauを解約することになるので、auのメールアドレスやauが提供しているサービスは使えなくなります。
auポイントなども失効するので注意してください。

 

2.移動先の会社に新規申し込みを行い、MNP予約番号を伝える

MNP予約番号を取得したら、移動先の会社に予約番号を伝え、新規申し込み手続きを行います。
申し込みはネットから行うことができます。申し込みには本人名義のクレジットカード、本人確認書類のデータ、MNP予約番号が必要となります。
また契約の際は3,000円の契約事務手数料がかかります。

 

3.SIMカードを端末に挿入して設定を行う

手続きが完了すると、数日から1週間ほどでSIMカードが届きます。UQ mobileとmineoの場合はこの数日間もスマホは使えるので心配いりません。
SIMカードが届いたらスマホに挿入し、APNの設定を行います。設定を終えれば乗り換え完了です。

 

MNP予約番号には有効期限がある!
MNPの予約番号は発行されてから14日間という有効期限があります。
この期限が過ぎてしまうと今の携帯電話が使えなくなってしまうというわけではありませんが、乗り換えをする場合は再度予約番号を取得しなくてはいけなくなります。

 

転出手数料は乗り換えの際に発生するので、もし期限が切れてしまって再度予約番号を取得するときに二重に手数料を取られるということはありませんが、二度手間になってしまうので早めに乗り換え手続きを行った方がいいでしょう。

 

また、携帯会社によっては予約番号の取得と同時に家族割などの割引サービスから外されてしまう場合があります。予約番号を使わなかった場合も、こうした部分を確認するようにしましょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました