格安SIM MNO

MNOとは?

格安SIMを提供しているのがMVNO、MVNOを支援しているのがMVNEですが、この2つと深いかかわりがあるものでもう一つ「MNO」というものがあります。では、MNOとはどういったものなのでしょうか?

 

MNOとは「Mobile Network Operator」の略で、移動体通信事業者を意味します。携帯電話やPHSなどモバイル機器をつなぐ回線網を自社で持っていて、なおかつ自社ブランドでモバイル通信サービスを提供している、いわゆるキャリアのことです。

 

日本の主なキャリアはNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクなどです。他にもY!mobileがMNOにあたります。MNOから回線を借りて通信サービスを提供しているのがMVNOです。つまりMNO(キャリア)は消費者への直接販売だけでなく、MVNOに通信サービスの卸売りをしているということです。

 

MNOは基地局建設やネットワークの構築、維持に莫大な費用をかける必要があるので、ドコモやKDDIのような巨大企業である必要があります。一方MVNOはMNOから帯域を借りるだけなので、企業の規模が小さくても問題ないのです。

 

MVNOは既に190社が参入していると言われています。これだけ多くの企業が参入できるのは、MVNEがMNOとMVNOの間に入ってノウハウを提供しているためです。

 

MNOは今のところ2つだけ

MVNOがこんなにたくさんあるのに対して、格安SIMに回線を提供しているMNOは現時点ではNTTドコモとKDDIの2社のみです。ソフトバンクもMVNO事業に参入すると言われていますが、今のところはまだのようです。

 

数多くあるMVNOのうちのほとんどがドコモ回線を利用しています。au回線を利用しているMVNOはUQ mobileとmineoの2社だけです。なお、mineoはドコモ回線も利用可能なマルチキャリアMVNOという少し特殊なMVNOです。

 

なぜドコモ回線のMVNOがこんなに多いのかというと、電気通信事業法の「一定のシェアを超える通信会社の禁止行為」というものが関係しています。この「一定のシェアを超える通信会社」がドコモなのです。

 

この禁止行為の中に「特定の電気通信事業者を不当に優先的な扱いをして利益を与えたり、逆に不当に不利な扱いをして不利益を与えないこと」というものがあります。そのためドコモはMVNO事業を始めたい企業からの回線貸し出し依頼があれば、特別な理由がない限り拒否できないのです。

 

また、接続料の低さもドコモ回線の格安SIMが多い理由として挙げられます。3社が公開しているMVNO事業者向け資料によると、KDDIとソフトバンクの回線使用料はドコモの2倍以上あるのです。そのためドコモが採算上からも有利になっているのです。

 

もともとドコモユーザーは多いので、ドコモの端末をそのまま使えるドコモ回線の格安SIMが多いと選択肢も広がり便利なのですが、au回線の格安SIMと比べると通信速度が安定せず遅くなる傾向があるという欠点もあります。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました