格安SIM 2年縛り

2年縛りとは?

大手キャリアと契約している人がなかなか他社に乗り換えられない理由として2年縛りというルールがあることが挙げられます。

 

大手キャリア3社の現行契約ルールは2年契約のプランが主流となっています。2年契約のプランは、契約から25か月目の更新月以外に解約すると9500円の違約金が課せられるほか、25か月目を過ぎると契約が自動更新されるなど、ユーザーを半ば拘束して他のキャリアに乗り換えにくくすることに主眼を置いたプラン設計となっています。

 

携帯電話で長期契約のかわりに割引を受けられる一方で、途中解約の場合は違約金を課せられるこの仕組みがいわゆる「2年縛り」と呼ばれるものです。

 

この2年縛りについては、総務省から業界間の競争を妨げると問題視され、2015年7月に大手キャリア3社に「2年縛り」の見直しを要請しました。これを受けて、同8月にauが携帯電話料金の「2年縛り」の見直す考えを示しました。2年ごとの自動更新を改め、最初の2年だけ料金を割り引くプランを検討中とのことです。

 

大手3社で見直しを表明したのはauが初めてで、他の2社の対応も注目されています。

 

この2年縛りがなくなればもっと気軽にキャリアを乗り換えることができ、格安SIMなどを利用することによってスマホの月額料金を安くすることも可能になります。今まで違約金がかかることが気がかりで乗り換えを見送っていた人にとっては朗報となりそうですね。

契約更新月を確認する方法

現状ではまだ2年縛りのルールは続いています。2年縛りがある限りは、契約更新月以外に解約、もしくは他社に乗り換えすると違約金がかかってしまいます。

 

契約更新月を自分で把握していれば問題ありませんが、ほとんどの人は正確な契約更新月を把握していないと思います。そこで、契約更新月を確認する方法をご紹介していきます。

 

契約更新月を確認する手順

1.auお客様サポートにログイン

まず、auの公式サイトにアクセスし、「サポート」から「auお客様サポート」にログインします。登録していない場合は新規登録しましょう。auお客様サポートにログインするには「au ID」または「サポートID」とパスワードを入力します。au IDの初期値は携帯電話番号になっています。

 

パスワードを忘れてしまった場合は再設定することができます。

 

2.契約内容を確認する

ログイン後、「契約確認・変更」→「契約内容を変更・確認する」→「au電話番号選択」→「選択」の順に進んでいきます。一番下の項目に「年割 誰でも割 ガク割 スマイルハート割引加入月数」という項目があります。そこに加入年月数と次回更新年月が表示されています。

 

この「次回更新年月」に解約をすれば違約金がかかることはありません。次回更新月を過ぎると自動更新されてしまうので気を付けましょう。

 

なお、更新月の最終日は月末ということで問い合わせ集中してサポートセンターが非常に混雑し、電話がつながらない状態ということもしばしば。解約手続きができないという危険性が高いです。

 

契約更新月に解約する場合は、余裕をもって早めに手続きを行った方がいいでしょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました