格安スマホ 格安SIM 違い

格安スマホと格安SIMの違い

「格安SIM」よりも「格安スマホ」という言葉の方が耳なじみがある、何となく分かるような気がする、という人もいるかもしれません。
では、格安SIMと格安スマホは何が違うのでしょうか?

 

格安スマホとは?

格安スマホとは、格安SIMカードと端末をセットで販売しているもののことです。
これに対して格安SIMSIMカード単体で販売しているもののことです。
格安SIMだけを購入した場合は端末は自分で用意しなければなりませんが、多くのMVNOでは格安SIM単体と、端末とのセット売りのどちらも選べるようになっています。
格安スマホとして売られているものの中には、有名なメーカーのハイスペックなものから海外のメーカーの低価格なものまでさまざまなものがあります。
価格が高いものの方が性能は高いので使い勝手もいいですが、必要最低限の機能を使えればいいという人は低価格のものでも十分だと思います。

 

格安スマホの端末

格安スマホでセットになっている端末は低単価のものが多く、価格もHUAWEIやASUS、freetelといったメーカーのものだと1万円前後や1万円を切るものもあります。
それ以外にも京セラやシャープ、VAIOといった有名なメーカーのものもあり、価格も7万円台のものなどもあります。
端末もセットで買う場合は本体価格を分割で素払うことになり、月額料金に上乗せされます。業者によっては端末の割引を行っているところもあるのでそうしたものを利用してもいいでしょう。
SIMカードとセット販売しているものは選択肢があまりない場合がありますが、端末とSIMカードをそれぞれ別で購入することもできます。
もちろん今使っている端末がSIMカードに対応していれば、そのまま使い回すこともできます。手持ちの端末を使えば端末代は0円なのでその分節約にもなります。
価格を重視するか、性能を重視するかは人によって違うと思うので、自分の使い方に合わせて端末も選ぶと良いでしょう。

 

格安SIMに乗り換えるには機種変しないといけない?

格安SIMへ乗り換える場合、必ずしも機種変更しないといけないということはありません。ただし、SIMカードが対応している機種でないと使用することはできません。SIMカードに対応さえしていれば、今持っているスマホにそのままSIMカードを挿して使用することも可能です。

 

格安スマホで気に入った機種が見つからない、機種変更したくない、使い慣れたスマホを使いたいという場合はその端末が格安SIMに対応していれば使い回すことができます。対応しているかどうかはMVNO業者のサイトで確認してみましょう。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました