格安SIM iPhone

格安SIMでiPhoneは使える?

格安SIMへの乗り換えを検討している人の中には、iPhoneを格安SIMで使いたいという人もいると思います。
でもiPhoneで格安SIMを利用することは出来るのか、と不安に思うかもしれませんが、結論から言うと、iPhoneを格安SIMで利用することは出来ます。
ですが、色々と注意しなければいけない点があるので、こちらで確認しておきましょう。

 

iPhoneを格安SIMで使う方法には以下の4つの方法があります。

  1. ドコモのiPhoneでドコモ回線の格安SIMを使う
  2. auのiPhoneでau回線の格安SIMを使う
  3. ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除して格安SIMを使う
  4. SIMフリーのiPhoneを使う

 

ドコモのiPhoneでドコモ回線の格安SIMを使う

格安SIMのほとんどがドコモの回線を利用したサービスのため、SIMロックがかかっていたとしてもドコモの端末なら格安SIMを利用することができます。
iPhoneも例外ではなく、手続きを行えば問題なくドコモのiPhoneで格安SIMを利用することができます。
また、ドコモのiPhoneもSIMロック解除をすれば、ドコモ回線以外の格安SIMも利用できるようになります。
エリアや回線の速度、料金やサービス等、各社違いがあります。
SIMロック解除すれば選択肢が広がりますし、SIMロック解除を検討するのもいいでしょう。

 

auのiPhoneでau回線の格安SIMを使う

auのiPhoneはau回線の格安SIMで使用することができます。
ドコモに比べるとau回線の格安SIMは少ないですが、それでも徐々に増えていて特に選択に困ることはないでしょう。
しかも、auのiPhoneもドコモのiPhoneと同様に、SIMロック解除すればau回線以外の格安SIMを使うことができるようになります。
元々、ドコモ回線の格安SIMのほうが圧倒的に多いですし、auのiPhoneでもSIMロック解除をすれば選択肢が大幅に広がることになります。
この点については、エリアや回線速度、料金プラン、その他サービス、各社様々ですので、比較検討し自分に適した物を選ぶといいでしょう。

 

ソフトバンクのiPhoneを使う

ソフトバンクのiPhoneの場合、現状ではソフトバンクの回線を使った格安SIMが事実上ありませんので、SIMロックを解除しない状態で格安SIMを利用することはできません。
でもソフトバンクのiPhoneでもSIMロック解除は可能ですので、SIMロック解除すればドコモやauのiPhone同様に格安SIMを利用することは可能です。
ただしSIMロック解除ができるようになるのは、購入後181日目以降です。
手続きによっては、手数料がかかることもありますので、よく確認しましょう。
また、ソフトバンクの場合、一番最初にiPhoneを販売していたこともありソフトバンクが販売した古いiPhoneを持っている方もいると思いますが、古いiPhoneはSIMロック解除できないので、その点も確認するといいでしょう。
ただ、ここへきてソフトバンクの古いiPhoneユーザーにも朗報が!
MVNOの老舗、日本通信がソフトバンク回線の格安SIMを提供することになりそうです。
現状ではドコモ回線を利用した格安SIM「b-mobile」を販売している会社です。
ソフトバンクの古いiPhoneを所有している方は、今後の動向に注目しましょう。

 

SIMフリーのiPhoneを使う

また、ドコモやauのiPhoneを持っていない、これからiPhoneを買おうとしているという人はSIMフリーのiPhoneを購入して格安SIMを利用するという方法があります。
Apple StoreやAppleの公式サイトなどから買えるSIMフリー端末であれば、基本的にどこの回線も使えるので格安SIMも利用することができます。
しかし、SIMフリー版のiPhoneの本体価格は9万円代からとやや高く、国内でしか利用しない人にとっては割高に感じるかもしれません。
中古で本体を入手するという方法もありますが、Apple Care+などの保証に加入できない他、オークションなどでは元の持ち主の契約上の問題などで動作しないものが流通している可能性もあります。
中古品の購入を検討する場合は、そういったリスクを考慮した上で信頼できる中古専門店で購入した方が良いでしょう。
今となってはドコモ、au、ソフトバンク、どのiPhoneであってもSIMロック解除が可能になりましたので、SIMフリーのiPhoneを購入する必要があるのか疑問もありますが、各キャリアで購入したiPhoneの場合、古いものはSIMロック解除できませんし、新規で購入したiPhoneだと購入後181日目以降でないとSIMロック解除ができないということもありますので、iPhoneを購入してすぐに格安SIM等を使いたいということなら、それも選択肢の一つになるでしょう。

au系格安SIMでもiOS8が使えることが判明!

少し前までは格安SIMではiOS8にアップデートしたauのiPhoneは使用できないと言われていましたが、2015年の7月にau系の格安SIMでもiOS8で通信することが可能だということが判明しました!

 

これまでauのMVNOがiOS8の機種で使えないのはiPhone・iPad側の問題だと思われていましたが、iPhoneにおけるAPN設定にあたる構成プロファイルを「celluarペイロード」という値を元に設定し直すことでKDDI網のauMVNO回線でも通信可能だということをIIJimoが発見したそうです。
これを元にインターネットユーザーが独自にmineoとUQ mobileの構成プロファイルを作成、それをiPhoneにインストールすることで簡単にmineo、UQ mobileでの通信がiPhoneでも可能になったというのです。

 

ことの発端は、IIJimoの技術者の方がau版iPhone iOS8でも通信することはできないのか?と試行錯誤したことから始まりました。
そしてiPhone6で通信の安定に成功したのです。
この技術内容をIIJの「てくろぐ」に公開し、au回線でもAPN構成プロファイルによっては通信が行えるという記事を受けてmineoの公式ブログ「マイネ王」が動作テストを実施。
新たに作成したAPN構成プロファイルを使った検証を行いました。
その結果、iOS8.4且つキャリア設定KDDI20.1のau版iPhone6 / 6Plus / SIMフリー版iPad mini 2にて、正常に通信できることを確認したということです!
現在mineoではmineoファンによってボランティアテストが行われています。そのテストのレポートでは、iOS8.4搭載のau版iPhone5sやiPhone5でも接続に成功したとのこと。
ただし、一部のiPhoneではまだ動作が不安定なこともあるということなので、注意が必要です。

 

またUQ mobileでも検証を行ったところ、LTEでのデータ通信を利用することが可能という結果が出ています。
しかしテザリングは利用できなかったほか、データ通信は不安定でふとしたタイミングで圏外になってしまうという不具合も確認されています。
ですが今後、mineoやUQ mobileから構成プロファイルが正式に提供されることになれば、安定したデータ通信とテザリングの利用も可能になるかもしれませんね。
mineoの公式が動作テストを行って通信可能だという結果を発表しているくらいなので、正式提供もそう遠い日ではないのではないでしょうか。

mineoならiOS9が使える!

2015年9月25日に発売されたiPhone6s/6sプラスですが、何とmineoで利用することが可能なんです!

 

ただし、一部の機種(au版のiPhone5s、iPhone5c)では動作しないそうなので注意が必要です。なおドコモ版のiPhone5s、iPhone5cはドコモプランでの動作確認済みとのこと。利用するには構成プロファイルをインストールする必要があります。プロファイルはmineoの公式サイトからダウンロード可能なので、インストール方法など確認してみてください。

 

他のキャリアのSIMカードを使う場合はプロファイルの削除が必要となるので、頻繁にSIMを入れ替えたりという使い方には向かなさそうですね。


トップページ auの格安SIMを徹底比較! iPhoneは使える? 通話はできる? LINEは使える? 実際に使ってみました